コレステロールは高くても低くても問題です

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と、善玉コレステロール(HDL)とが存在します。悪玉コレステロールが高いと、動脈硬化などを引き起こす原因となりますが、不要なコレステロールを吸収する善玉コレステロール値が低すぎると、脳内物質であるセロトニンが不足してしまい、うつ状態などを引き起こす危険性があるので、注意が必要です。

バランスの良い食事で正しいコレステロール値を

コレステロール値は高い方ばかり問題にしがちですが、極端に低いのもよくありまでん。栄養のバランスが崩れていることが考えられるそうです。極端に肉類を避けたり、卵のコレステロールを気にして摂らないのも問題です。肉、魚、卵、牛乳、チーズ、レバー、納豆、野菜などコレステロールを気にし過ぎないできちんと摂りたいものです。

コレステロールの体内での役割

コレステロールは過剰に摂取しがちな成分であり、これが動脈硬化や生活習慣病の原因とされる事から、槍玉に挙げられがちです。しかし実は、コレステロールは三大栄養素とされる脂質の一種であり、体内で重要な働きを担う栄養素であるという側面もあります。具体的には、細胞膜の構成材料・脳神経の保護・ホルモンの材料になるといった、重大な働きを担っています。ですので、コレステロールは体内で不足しないようにも気を配る必要があるのです。

コレステロールは適量ならいいのです

コレステロールと聞くと厄介なものというイメージがあります。体にとって良くないものというイメージがあるものです。ですがコレステロールは人間にとって大切なものなのです。人間が生きていくためにはコレステロールは欠かせないものです。大事なのはコレステロールを取り過ぎないことです。コレステロールは決して悪者ではないです。

コレステロールの善玉と悪玉とは

コレステロール体にあまりよくないということを聞きますが、その理由をご存知でしょうか。コレステロールには二種類あり、善玉と悪玉に分かれます。問題なのは悪玉コレステロールです。血管にたまると動脈硬化を引き起こしてしまう原因とも言われているため、コレステロールを下げる食品が多く販売されているのです。しかし、ここで覚えておきたいことがあります。善玉コレステロールは栄養の一つで体には欠かせないものだということです。どうしても悪い印象を持ってしまいがちですが、正しい知識を持つということも大切にしましょう。

コレステロールを抑えた方が良いのか

コレステロールと言われると控えなければならない、摂らない方が良いという人が殆どだが実際は間違っています。一般社会的には、健康を蝕む物質として認識されているが、実は生命維持に必要な役割を果たす大切なものです。コレステロールの中には悪玉と善玉の2種類があります。しかし、これはコレステロールと複合体を作るリポタンパク質の種類によりコレステロールの違いではないのです。そのため、コレステロールが身体にとって悪いものとは限らないのです。

コレステロールの役割について

コレステロールは体内にある資質の一種です。コレステロールは悪いイメージを、持っている人もいると思います。しかしコレステロールにもしっかりと役割があり、細胞を作る細胞膜を形成する為に必要であり、男性や女性ホルモンなどの形成にも必要なのです。このコレステロールは過剰に増えすぎなければ身体に必要な物なのです。
http://www.theangryfag.com/entry10.html

コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる働きのある植物性の油を上手に使いましょう。トーストにはバターと限らずにオリーブオイルを使えば美味しくコレステロールの心配もありません。青身の魚例えば鯖、いわし、鯵などはコレステロールを下げ、魚卵はコレステロールが高い食品です。野菜はコレステロールを下げる働きもあります。一日三百グラム、両手に三杯を目安に摂りましょう。

コレステロール 善玉と悪玉

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。血液の中に悪玉コレステロールが増えすぎると、血管に付着して血管を細くしてしまうことで、動脈硬化の原因となり様々な大きな病気をもたらします。善玉コレステロールをいかに血中に増やすかが、健康維持の鍵ともいえます。これには、食事に気をつけることはもちろん、運動も必要であり、規則正しい生活を送りたいものです。食事は、肉よりは魚を多く取り、食物繊維もしっかりとることも大切です。

コレステロールについて

コレステロールは脂質であるために悪者扱いされやすいですが、実際には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。ですので、善玉の方については必要量を摂取していく必要があるため、一概にカットするのではなく、摂取するもの(できるもの)と摂取を控えるものを見極めていく必要があります。ただ、必要以上の摂取量のカットは、過剰摂取とは違う方向での弊害があるので、それに対しても注意する必要があります。