コレステロールを下げたいなら、大豆と野菜と青魚を食事の中心に

コレステロールを下げる働きがある代表的な食物成分は多くの野菜に含まれる「食物繊維」です。便秘解消などの整腸作用のほか、LDL(悪玉コレステロール)を減らす働きがあります。ほかに大豆のバランスよく必須アミノ酸が含まれている良質なたんぱく質にもLDLを減らす効果があり、またサンマやサバなどの青魚に含まれるEPAという「多価不飽和脂肪酸」には、LDLを減らしHDL(善玉コレステロール)を増やす効果が期待できます。