コレステロールについて

コレステロールの体内での働きには、細胞膜を作る、筋肉を作るホルモンの原材料となる、栄養分の分解、栄養を吸収する胆汁酸の原材料となるなどあります。善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが重要で、中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステルールが増加し動脈硬化が進行すると言われています。正しい食生活を心がけて、コレステロールのバランスが崩れないようにしましょう。