コレステロールは取りすぎなければいいのです

コレステロールという言葉を聞くと全くの悪者のような扱いをされてしまいますが、ある程度の量は人間にとって必要なのです。人間にとってコレステロールというのは全く要らないものではないのです。要はコレステロールを取りすぎなければいいのです。適量のコレステロールは反って人間にとって有効に働くものなので、全く取らないのも良くないのです。