コレステロールの体内での役割

コレステロールは過剰に摂取しがちな成分であり、これが動脈硬化や生活習慣病の原因とされる事から、槍玉に挙げられがちです。しかし実は、コレステロールは三大栄養素とされる脂質の一種であり、体内で重要な働きを担う栄養素であるという側面もあります。具体的には、細胞膜の構成材料・脳神経の保護・ホルモンの材料になるといった、重大な働きを担っています。ですので、コレステロールは体内で不足しないようにも気を配る必要があるのです。