コレステロールは適量ならいいのです

コレステロールと聞くと厄介なものというイメージがあります。体にとって良くないものというイメージがあるものです。ですがコレステロールは人間にとって大切なものなのです。人間が生きていくためにはコレステロールは欠かせないものです。大事なのはコレステロールを取り過ぎないことです。コレステロールは決して悪者ではないです。