コレステロールを抑えた方が良いのか

コレステロールと言われると控えなければならない、摂らない方が良いという人が殆どだが実際は間違っています。一般社会的には、健康を蝕む物質として認識されているが、実は生命維持に必要な役割を果たす大切なものです。コレステロールの中には悪玉と善玉の2種類があります。しかし、これはコレステロールと複合体を作るリポタンパク質の種類によりコレステロールの違いではないのです。そのため、コレステロールが身体にとって悪いものとは限らないのです。