コレステロール値の誤解

コレステロール値が高いと動脈硬化になり急性心筋梗塞等、命に関わる病を引き起こすと考えられがちですが、実はコレステロールには善玉と悪玉があり、悪玉が体に悪い働きを起こしているのです。それは食べ物とは関係なく、体内に吸収されてから善玉と悪玉に別れます。善玉コレステロールは悪玉コレステロールが引き起こしてしまった動脈硬化を改善させる効果があるのです。