カテゴリー別アーカイブ: コレステロール

コレステロールを下げたいなら、大豆と野菜と青魚を食事の中心に

コレステロールを下げる働きがある代表的な食物成分は多くの野菜に含まれる「食物繊維」です。便秘解消などの整腸作用のほか、LDL(悪玉コレステロール)を減らす働きがあります。ほかに大豆のバランスよく必須アミノ酸が含まれている良質なたんぱく質にもLDLを減らす効果があり、またサンマやサバなどの青魚に含まれるEPAという「多価不飽和脂肪酸」には、LDLを減らしHDL(善玉コレステロール)を増やす効果が期待できます。

コレステロールについて

コレステロールの体内での働きには、細胞膜を作る、筋肉を作るホルモンの原材料となる、栄養分の分解、栄養を吸収する胆汁酸の原材料となるなどあります。善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが重要で、中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステルールが増加し動脈硬化が進行すると言われています。正しい食生活を心がけて、コレステロールのバランスが崩れないようにしましょう。

細胞膜には欠かすことのできないコレステロール

基準値を超えると病気を引き起こす原因にもなる一方で、細胞膜の潤滑な働きには欠かすことのできないコレステロール。ギリシア語の胆汁を表す接頭語コレ(chole)と固形物という意味のステレオス(stereos)を合わせた造語が『コレステロール』で、主に体内では肝臓で合成される脂質の一種です。細胞膜の流動性の維持・調節という大切な役割を担う一方で、悪玉コレステロールであるLDLが基準値を大幅に上回ると、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす原因になると言われています。

コレステロール値を減らす方法とは

体に良くないというイメージがついているコレステロールですが、実は体には必要な栄養素の一つであるということをご存知でしょうか。コレステロールは血液中で運ばれるときに善玉と悪玉に分かれます。ここで問題なのが悪玉のコレステロールなのです。この悪玉コレステロールを増やさないようにするために、私たち自身でもできることがあります。それは有酸素運動です。有酸素運動は善玉コレステロールを増やすということに有効です。なので、コレステロール値が気になっている方はぜひジョギングから始めてみてはいかがでしょうか。

コレステロールを気にする私の食生活

コレストロールを溜めないために普段気にしてる事。食事必ず海藻類を入れることです。サラダにしたり、汁物に入れたり、煮物にしたりと何にでも入れます。油はオリーブオイルを使うように心がけています。これもどこかの健康雑誌に見かけた記事ですがコレストロールを下げるのに良いとか。それと、赤ワインがコレステロールに良いと聞いたので 夕食時には以前のビールや焼酎に代わって 赤ワインを飲むようになりました。

コレステロールは取りすぎなければいいのです

コレステロールという言葉を聞くと全くの悪者のような扱いをされてしまいますが、ある程度の量は人間にとって必要なのです。人間にとってコレステロールというのは全く要らないものではないのです。要はコレステロールを取りすぎなければいいのです。適量のコレステロールは反って人間にとって有効に働くものなので、全く取らないのも良くないのです。

コレステロールは高くても低くても問題です

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と、善玉コレステロール(HDL)とが存在します。悪玉コレステロールが高いと、動脈硬化などを引き起こす原因となりますが、不要なコレステロールを吸収する善玉コレステロール値が低すぎると、脳内物質であるセロトニンが不足してしまい、うつ状態などを引き起こす危険性があるので、注意が必要です。

バランスの良い食事で正しいコレステロール値を

コレステロール値は高い方ばかり問題にしがちですが、極端に低いのもよくありまでん。栄養のバランスが崩れていることが考えられるそうです。極端に肉類を避けたり、卵のコレステロールを気にして摂らないのも問題です。肉、魚、卵、牛乳、チーズ、レバー、納豆、野菜などコレステロールを気にし過ぎないできちんと摂りたいものです。

コレステロールの体内での役割

コレステロールは過剰に摂取しがちな成分であり、これが動脈硬化や生活習慣病の原因とされる事から、槍玉に挙げられがちです。しかし実は、コレステロールは三大栄養素とされる脂質の一種であり、体内で重要な働きを担う栄養素であるという側面もあります。具体的には、細胞膜の構成材料・脳神経の保護・ホルモンの材料になるといった、重大な働きを担っています。ですので、コレステロールは体内で不足しないようにも気を配る必要があるのです。

コレステロールは適量ならいいのです

コレステロールと聞くと厄介なものというイメージがあります。体にとって良くないものというイメージがあるものです。ですがコレステロールは人間にとって大切なものなのです。人間が生きていくためにはコレステロールは欠かせないものです。大事なのはコレステロールを取り過ぎないことです。コレステロールは決して悪者ではないです。